ヒーローズ放送局

決して見られてはいけない生き物

決して見られてはいけない生き物

久しぶりに「宇宙人特別対策本部」からお届けです。
今回は「宇宙人」だけではなく「UMA」の話を少ししようと思う。


決して見られてはいけない生き物

UMA(ユーマ)とは未確認動物のことで、生物学的に確認されていない生物のこと。それらのほとんどは都市伝説であり、いるはずはないと思われている。

人々ははるか昔からその存在を語り継いできた。いて欲しい。いるはずだ。と。その存在の有を信じてやまない。興味のない者からすればどうでもいいことである。

先ほども言ったように、UMAとは生物学的に確認されていない生物である。しかしそれは、現在の生物学的にである。

UMAで有名なのは河童、ビッグフット、ネッシー、チュパカブラ、そしてツチノコ。しかしそれらは神話に出てくる怪物や精霊の類のような人間が想像したものではなく、その存在の鍵があちらこちらに見つかっている。いや捏造、偽造かもしれない。結局人間が頭の中で作り出した、たんなる想像物なのかもしれない。河童は妖怪扱いされているが・・・

だが、にしてはそこまで求めるものだろうか?

たとえば、火の鳥やドラゴン、麒麟。これらも各国の神話に出てきたりする架空、伝説の生き物だ。でもそれらは誰も見つけ出そうなんてことはしない。UMAとはまた違ったものだからだ。それらは架空の生き物である。しかしUMAは違う。

「いるはずないが、いるかもしれない」

それらの目撃情報はほとんどは捏造だったりする。なので本当の目撃情報もその中に埋もれてしまう。

有名な話で、ある巨大生物の足跡を見つけた人いた。その話をみんなにすると誰も信じてくれなかった。そこで腹いせに写真を捏造した。それをみた人々は捏造とはわからず驚いた。あまりに話題になりその人は引くに引けなくなってしまった。だが、死ぬ寸前それが捏造であったと告白した。人々は愕然とした。しかし写真は捏造だとしても、その人は最初にみていたのだ。その足跡を。

ちなみにそれはネッシーの話だ。

だが、いくら探しても見つからないのも事実だ。何度も言うがUMAとは現在の生物学的に未確認のものだ。

宇宙人の定番である「グレイ」もしくはUFO。これも世界的に有名だが、それも捏造の中に真は埋もれてしまっている。わかりやすく言えばインターネットの検索エンジン。何かについて調べたとして本当の情報がどれなのかわからなかったりすることがある。嘘もあれば本当の情報もある。金稼ぎや面白半分で、世界中の人が一斉にそれについて発信すればどれが本当なのかわからなくなってくる。

UMAも同様に金稼ぎの道具、面白半分でやる人がほとんどだ。それについては当サイトは何も言えないところだが・・・まあそれは置いておいて、今はUMAの話だ。

UFOといえば筆者がまっさきに頭に浮かぶのが、アメリカの空軍秘密基地「エリア51」だ。ここに宇宙人の乗っていたUFOが隠してある、UFOを開発している、グレイを匿っているなどと色々な噂がある。

決して見られてはいけない生き物

1947年にニューメキシコ州ロズウェルで何らかの物体が墜落し、それをアメリカ政府が回収したという一連の事件である。

UFOが墜落し、宇宙人の死体を回収した?という噂がたちまち全世界へと広まった。

アメリカ政府は、回収した物体は「極秘の気象観測用気球」であり、また「異星人の死体の回収」という噂は、「KC97航空機の墜落事故と混同されているようだ」と発表した。

しかしこの発表前、軍は「潰れた空飛ぶ円盤」を回収したと発表しているのだ。その数時間後に政府は気球であると発表。

更に当時、その残骸の回収に関わったとされる軍の少佐が、「軍は異星人の乗り物を極秘に回収した」と衝撃的な告白をした。

アメリカ政府が何かを巧みに隠し揉み消そうとしているのは誰もがわかる。それが軍事的なものなのか異星のものなのかわからないが、アメリカ政府的には「見られてはいけない何か」というのは間違いないようだ。

決して見られてはいけない生き物

しかし人々の噂にはなるがここまで見つからないものなのだろうか?ひとつくらい見つかってもいいと思うのだが、ということはやっぱり全部でっちあげの嘘なのか。

ロズウェル事件ほどあからさまではないものの、UMAのほとんどは「見られてはいけない何か」なのではないだろうか?目撃されればすぐに政府、または機関がそれらをすぐさま回収する。その後情報操作により意図的にあからさまな捏造写真や情報をばらまく。そうすれば何もわからなくなってしまうからだ。

UMAは異星からきた生命体、生物実験によって生まれたもの、元から存在するもの、と色々考え方はある。根拠はないが筆者はこう思う。

UMAは未来で行われた不法な生物実験によって失敗もしくは生まれた生物で、その廃棄方法として過去へと捨てられた悲しき生物であり、

それを未来の政府、またはそれを知る現在の政府、機関が極秘回収した。

そんなSFロマン的発想がまかり通るはずもないが、UMAは時代を超え、何百年と唐の昔より人々の噂となってきた。ツチノコなんて最近でも話題になっていた。何年、何十年、噂が発生しているのかわからない。普通の生物であればそんなには長生きしないだろう。だが目撃情報は発生する。繁殖しているのだろうか?

だがその決定的証拠は一切ない。

それは「現在では決して見られてはいけない何か」だからである。

かのSFの父、ジュール・ヴェルヌはこう言った。


決して見られてはいけない生き物



と。

UMAは人が想像したものだとするならば、いずれは未確認動物ではなく実在する生物になるかもしれない。


 

〜おまけ〜


■ネッシージャンプ!


■つちのこは実在する?


■出来の悪い捏造動画集

最新トピックス

ネットウォッチ
当サイトのRSSのURL:【http://www.fuzoku.sh/rss.xml】

人気記事ランキング

 

RSS

性シュン☆ヒーローズの最新記事をイチ早くGET!

RSS 性シュン☆ヒーローズの最新記事
はてなRSSに追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
ブログパーツ

携帯版性シュン☆ヒーローズ

iモード、EZweb、SoftBank、3キャリア対応!
いつでも、どこでも携帯版の性シュン☆ヒーローズをご利用いただけます。

携帯版性シュン☆ヒーローズ