ヒーローズ放送局

誰にでも優しい男vsクールな男。どっちが女の子にモテるの?

誰にでも優しい男vsクールな男。
誰にでも優しい男vsクールな男。
誰にでも優しい男は女の子に対してなら、誰に対してもほぼ平等に優しくする。少々つまらない話でも、持ち前のオーバーリアクションであたかもおもしろい話であったかのように聞いてあげることができるので、当然、女の子の評価も高くなる。 女の子が心の中で求めているものを瞬時に把握する力は天性のものがあり、女の子に「わたしのことを一番よくわかってくれる。」と思わせるテクニックと勘にきわめて優れている。
クールな男は、常に女の子の心理を読み取り、その裏をかこうとする姿勢を崩さない。彼らにとって、女の子とのコミュニケーションとは心理戦なのである。 だから、彼らは女の子にそう簡単に自分の本当の気持ちを明かそうとはしないし、仮に明かしたとしても、それは自分の気持ちを明かすことで、相手の女の子の本当の気持ちを引き出そうとする、取引的な意味合いが強い。
誰にでも優しい男vsクールな男。
しかし、「誰にでも優しい男」が女の子に対してなら誰にでも優しくする背景には、「女を自分の思い通りに征服したい。」という彼ら独特の「征服願望」に突き動かされているということが多い。これは言わば彼らの心の闇である。 女に優しくすることで女を手玉に取り、次第に自分の思い通りに女を操縦していく。そんな恐ろしい思惑が彼らには透けて見える。
彼らは取ってつけたような優しさで、言葉を飾ろうとはしない。目先に優しさは女の子のためにはならない、と考えているからである。だから、彼は女の子に対して、一見ぶっきらぼうな態度を取る。一見する女の子を侮辱しているような印象を受ける言葉も平気で使う。しかし、彼は絶対に女の子を本当に傷つけるようなことはしない。一見ぶっきらぼうな態度と絶対に女の子を傷つけないという気持ち。その微妙なバランスが彼らの言う「優しさ」そのものである。
誰にでも優しい男vsクールな男。
彼らがそういった「女性を征服したい」願望に囚われる背景には、異常に増幅した「女の子に好かれたい願望」がある。彼らの幼少期に何があったのかは計り知れないが、彼らにとっての「幸せ」を形作るのに欠かせない要素に「女の子に好かれる。」というものがあるのは間違いない。 言い方は悪いが、彼らは「女に媚びている。」のである。いや、「女に媚びる男。」を演じて、女を征服しようとする女ナチストなのである。
誰にでも優しい男vsクールな男。
彼らのそういった行動の背景には、女性への畏敬の念がある。畏敬の念とは「崇高なものや偉大な人を、おそれうやまう気持ち。」である。彼らは女性を崇高なものとおそれうやまうあまり、女性との間に微妙な距離感を作ってしまう。深入りしてはいけない部分とそうでない部分を自ら作ってしまうのである。 その微妙な距離感が彼らの男としてのセクシーさを作り上げている。

最新トピックス

ネットウォッチ
当サイトのRSSのURL:【http://www.fuzoku.sh/rss.xml】

人気記事ランキング

 

RSS

性シュン☆ヒーローズの最新記事をイチ早くGET!

RSS 性シュン☆ヒーローズの最新記事
はてなRSSに追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
ブログパーツ

携帯版性シュン☆ヒーローズ

iモード、EZweb、SoftBank、3キャリア対応!
いつでも、どこでも携帯版の性シュン☆ヒーローズをご利用いただけます。

携帯版性シュン☆ヒーローズ