ゲイ人”ともん”の性シュン2丁目

こんな先進国に生まれたのに、心が病んでいる人が多いのはなぜかしらねぇ?
いつ爆弾が降ってくるかわからない国もあれば、ほんの一握りのお米を争って食べている子ども達もいるというのに・・・。
国がいかに豊かになろうが、人間は常に発展途上・・・順風満帆なんて在りえないわね。

アタシのお店はたいした繁盛店じゃないけれど、それでもなんとか10数年続けているの。
愛すべきお客様のお陰でね。
でも、仕方がないことだけれど、転勤したとか、結婚して小遣いが減ったとかいう物理的な事情でなかなか来られなくなった方もいらっしゃるわ。
もっとも、アタシに飽きた方もいらっしゃるでしょうけれど、それ以外の事情で足が遠のいていて、久々に来られるケースが最近目立つの。

 

それはやはり、精神的に落ち込んでいたというもの・・・。
そんなお客様はお店に入って来た時の雰囲気で何となくそうだと判るわ。
この場合にはね、「あらぁ〜久しぶり!元気にしてた?」
・・・とは聞かずに「こんなお店を忘れないでいてくれて、ありがとう。」
と言うようにしているの。

 

そんなアタシにも落ち込んだ時に行きたくなる“駆け込み寺”のようなお店が有るの。
そのお店のマスターやママも、ちょっとアタシを観察した後で「ねぇ、○○はまだ続けているの?」とか、アタシが前回そこに行った時に話した“にわか趣味”を覚えていてくれて、それを話題にしたりと、直接的な“励ましの言葉”でないところで励まされているわ。
些細なことを忘れないでいてくれるということは、実に嬉しいことよね。

 

それとね、アタシは今年初めに引っ越したんだけど、その時に念願の大きな全身鏡を買ったの。毎日お風呂上り(出勤前)に全裸の自分をまざまざと眺めるのよ。
ぽっこりお腹としなびたチンコ・・・まさに等身大の自分と向き合って、「よっしゃ、今日も頑張るか!」と言って、父の位牌に手を併せて出勤するのが日課なの。

 

アタシのささやかなプチうつやストレスの解消法、セルフモチベイトの方法なのだけれど、裸一貫なんて言葉があるように、まずは、プライドを投げ捨てて等身大の自分と向き合って、今の自分に何が出来るか?何をすべきか?を洗い出すことが大事なのだとアタシは感じているの

 

最後になりましたが、アタシのことを忘れないでいて下さる読者の皆様に、心から感謝しています。

最新トピックス

ネットウォッチ
当サイトのRSSのURL:【http://www.fuzoku.sh/rss.xml】

人気記事ランキング

 

RSS

性シュン☆ヒーローズの最新記事をイチ早くGET!

RSS 性シュン☆ヒーローズの最新記事
はてなRSSに追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
ブログパーツ

携帯版性シュン☆ヒーローズ

iモード、EZweb、SoftBank、3キャリア対応!
いつでも、どこでも携帯版の性シュン☆ヒーローズをご利用いただけます。

携帯版性シュン☆ヒーローズ