ゲイ人”ともん”の性シュン2丁目

暫くして、また堂山町を訪れました。もう、地図は要りません。
ゲイバーは大抵「会員制」の札が張られているから、そうだと分かる知恵が付いたの。

でも、まだまだルーキーのアタシは、街を歩く姿も初々しかったのでしょうか?

「すんません。」「は?」
「どっか飲みに行けへん?」

つまり、ナンパされたのです。
結局、その後でホテルに行ったの。

そうして、色んなお店に出入りするようになり、徐々に友達も出来たの。
若かったし、デビューしたてはモテモテ。

色んな年齢の人、色んな体型の人に誘われては関係を持ちました。
ハッテン場の存在も知り、歯止めが利かなくなりました。

今思えば、完全に狂ってたわ。
だけど、だんだん虚しくなってきたの。
ゲイバーデビューしても、いつ声が掛かるか気にしながら飲んでいる自分が嫌になっていったの。
もっと、「ゲイとしていかに生きるか?」とか、そういう話が出来る友達も作らないと、“男とセックスするだけにゲイになったようなものだわ“・・・って、新たな悩みに直面したのよ。

気が付けば、初々しさは消え去り、アタシは“ズベ公”になりさがってた。
遊ぶだけあそんだ後、暫し休憩することにしたの。

そしてアタシは神戸に転勤し、久々にゲイバー通いを再開することにしたの。
神戸では顔が割れていなかったから、次は“一夜限り”ではなく、ちゃんと付き合える相手を探そうと思ってね。
大阪で遊んでいた頃に噂で聞いてた三宮の「T」というお店に行ったの。

つづく

最新トピックス

ネットウォッチ
当サイトのRSSのURL:【http://www.fuzoku.sh/rss.xml】

人気記事ランキング

 

RSS

性シュン☆ヒーローズの最新記事をイチ早くGET!

RSS 性シュン☆ヒーローズの最新記事
はてなRSSに追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
ブログパーツ

携帯版性シュン☆ヒーローズ

iモード、EZweb、SoftBank、3キャリア対応!
いつでも、どこでも携帯版の性シュン☆ヒーローズをご利用いただけます。

携帯版性シュン☆ヒーローズ