ゲイ人”ともん”の性シュン2丁目

“天城越え”の唄い出しからすぐのところに

「♪誰かに取られるくらいなら、あなたを殺していいですか・・・」

って歌詞があるでしょう?
この歌がヒットした当時、彼女はこの部分を“凄んで”唄っていたんですって。

そりゃそうよ、好きな相手を“殺す”んですものね。
その凄みがまたファンにはウケたわけよね。
今でも歌番組で彼女がこの歌を唄う時、他の歌手よりズームアップが多いのよ。
きっと、その凄みとか眼力をカメラマンも欲しがるのね?

でも、今はその部分を“ちょっと微笑んで”唄うようになったんですって。
狙ったわけじゃなく、自然にそうなったそうよ。

静かに微笑みながら「・・・殺していいですか?」
キャー!凄まれるより怖いわよねぇ〜。

アタシはこのコメントを聞いて、歌手という人生を択び、ヒット曲に恵まれたとことも幸運だけれど、曲によって成長できた幸運を羨ましく思ったの。
勿論、眼には見えないご苦労が多々有ってのことでしょうけれどね。

そして、後日とある常連さんの言葉と彼女のそのコメントが重なったの。
アタシのお店にはご年配の女性も多く訪れます。

三人のお子さんを育て上げ、昨年ご主人を亡くし、今まさしく第二の人生・・・っていうか第二の青春(性シュンじゃないわよ)を謳歌してる、素敵なマダムがいらっしゃるんだけど、「三人のお子さんを立派にお育てになられて・・・。」
アタシがこんな話題をふった時、マダムは笑顔でこう答えたの。

「子供に育てられたのよ。子供達に親にしてもらったのよ・・・。」
アタシは返す言葉が見当らなかったわ。

様々なご苦労を乗り越えたからこそ自然に出るその言葉に「アタシってまだまだだなぁ。」って思ったの。

つづく

最新トピックス

ネットウォッチ
当サイトのRSSのURL:【http://www.fuzoku.sh/rss.xml】

人気記事ランキング

 

RSS

性シュン☆ヒーローズの最新記事をイチ早くGET!

RSS 性シュン☆ヒーローズの最新記事
はてなRSSに追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
ブログパーツ

携帯版性シュン☆ヒーローズ

iモード、EZweb、SoftBank、3キャリア対応!
いつでも、どこでも携帯版の性シュン☆ヒーローズをご利用いただけます。

携帯版性シュン☆ヒーローズ