ゲイ人”ともん”の性シュン2丁目

その1では、“多数派=普通”というのは間違い、というお話をしたわ。

でも、徐々にマイノリティ(少数派)に対して、理解のある社会になってきているわよね。

色んな差別用語も今や撤廃されたわ。
例えば「め○ら」は視覚障害者と呼んでいますよね。

アタシの友人にもいます。

でも、彼を紹介する時に、本人を前にして「この人、視覚障害者なんですよ。」とは言えないわよ。

だって、言葉に愛情がないし、真っ先に言うことでもないでしょう?

誰かがアタシを紹介する時に「この方、同性愛者なんですよ。」って言われたらとっても不愉快だわ。

大抵、話が少し進んだところで自分から「実はゲイなんですよ。」って言っているわね。
言っておいた方が気が楽だもん。

性同一性障害の方々はもっと深刻だと思うの。 今のところそれ以外に呼び方がないもの。



「私、性同一性障害なんです。」



これを言わなくてはならない時、胸を引き裂かれる思いでしょうね。


でも、ゲイもレズビアンも所詮英語。


因みに今はセクシャルマイノリティー(あら、これも英語だわね)を”GLBT“と言うのが一般化しつつあるの。



G=ゲイ

L=レズビアン

B=バイセクシャル

T=トランスセクシャル



だけど、これもアタシにはピンとこないなぁ。

“OPEC”とか“ASEAN”とか、何の略か書きなさいっていう社会のテストみたいじゃないのよっ!

“G”のアタシがピンとこないんだもの。 ノンケの皆さんには全く響いていないはずだわ。

マイノリティーはその呼び方(呼ばれ方と言ったほうがいいわね)にも敏感なものなのよ。

「同志」のような親しみと愛情のこもった呼び方、何かないかしらねぇ?



台湾同志 〜おしまい〜

最新トピックス

ネットウォッチ
当サイトのRSSのURL:【http://www.fuzoku.sh/rss.xml】

人気記事ランキング

 

RSS

性シュン☆ヒーローズの最新記事をイチ早くGET!

RSS 性シュン☆ヒーローズの最新記事
はてなRSSに追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
ブログパーツ

携帯版性シュン☆ヒーローズ

iモード、EZweb、SoftBank、3キャリア対応!
いつでも、どこでも携帯版の性シュン☆ヒーローズをご利用いただけます。

携帯版性シュン☆ヒーローズ