ゲイ人”ともん”の性シュン2丁目

今回は、なぜにゲイ側から“ゲイやニューハーフがノンケ向けに営業している店”

「観光バー」

と呼ばれているのかをご説明しましょう。

観光名所って地元の人はあまり行かないじゃない?

観光ガイドに載ってる“○○が美味い店”なんてのも観光客だらけだから、地元のお客は敬遠したりするわよね?

因みに、アタシは長らく東京に住んでいるけれど、ディズニーランドにも行ったことがないし、もんじゃ焼きヴァージンなのよ。

つまり、女装のゲイやニューハーフが女性やノンケ男性をもてなす為のパフォーマンスには多くのゲイは興味がないの。

せっせとタイプの男探しに、ゲイしかいないところに行かなくっちゃ時間が勿体無いのよ。

しかも、「ゲイバー」は「観光バー」よりずっと安いの。


ハシゴするお客が殆どだから、アタシも二丁目は“屋台の食べ歩き”みたいな感覚で行っているのよね。

因みに「観光バー」は東京の場合、二丁目より、歌舞伎町六本木の方が多いわね。

自分はゲイバーが好き、ゲイバーに詳しいとおっしゃる女性やノンケ男性のみなさん、アタシが言う「ゲイバー」にゲイに連れられて“特別に許可してもらって”入ってみたら、独特の完全アウェーな感じも面白いかもよぉ〜。

でも、そこは“聖地”


言動、行動は慎んでねっ。


観光バー 〜おしまい〜

最新トピックス

ネットウォッチ
当サイトのRSSのURL:【http://www.fuzoku.sh/rss.xml】

人気記事ランキング

 

RSS

性シュン☆ヒーローズの最新記事をイチ早くGET!

RSS 性シュン☆ヒーローズの最新記事
はてなRSSに追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
ブログパーツ

携帯版性シュン☆ヒーローズ

iモード、EZweb、SoftBank、3キャリア対応!
いつでも、どこでも携帯版の性シュン☆ヒーローズをご利用いただけます。

携帯版性シュン☆ヒーローズ